You are th visitor...

log

2010.08.28 ばいばい――!

ちょっと出かけようと思います。もう戻ってこないかもしれません。それも仕方ないことだと思います。

2010.08.27 なんか。

疲れた。

2010.08.26 眠っても。

疲れがとれない。

2010.08.25 あやかし。

体内バランスが崩れてて、あまり体調が良くない。少しばかり心労がたたっているのかもしれない。

夏目友人帳を読む。

人と妖怪の狭間で中途半端に生きる主人公が、人との付き合いも妖怪との付き合いもどちらも肯定する意思を見て、ただひたすら「強いな」と思った。僕には出来そうにない。

死神はベッドに寝っ転がって、僕よりも先に『マイガール』を読んでいた。まるで僕など存在しないかのような態度に見えた。なんとなく、死神の裾を引っ張った。露骨に「うぜえ」という顔をされた。「ごめん」。よく分からかったけど、僕はそう謝った。

2010.08.24 suitei-shoujo

「巣籠カナは傷つくのがうまい」
「へっ?」
「だけど戦うのはヘタ。とてもヘタ。自己主張するのも、反論するのも、怒ってみせるのもヘタ。ただ傷つくのだけ、すごくうまい」

『推定少女』を読んで心が苦しくなった。思春期女子中学生のセンシティブな感情の発露が妙に懐かしく、きりきりと胸のあたりを締め付ける感じがした。「かわいいはずの女の子」が、鏡に写った自分のような、そんな気持ち悪さを持っていた。また人がこわくなった。

死神とは対話せず、床に就く。